感覚過敏 身体編

僕も兄も、二人して身体に触られるのを嫌がった。
それは小さい頃からで、いくつもおかしなところがあった。

赤ちゃんの頃、洋服を腕に通すのを嫌がった。
まとわりつくのを嫌ったようだ。
着せても、すぐに腕だけ外してしまったそうだ。

帽子を被らなかった。

靴下を履くのを嫌がり、履かない、または脱いでしまった。

ぎゅうぎゅうされるのが好きで、背中からお腹にかけて紐で縛ってもらい、武器(おもちゃのピストルや刀など)を装着していた。(中学生まで続く)

抱っこが嫌いで、ベビーカーも海老反りで嫌がったそうだ。
しかし、何故かチャイルドシートだけは、乗ったそうだ。

幼児までは、布団が苦手で、硬いところを好んだ。
ダイニングテーブルの下や、ベッドの下で寝ていた。

海に行って、砂で遊んでいたが砂が取れずパニックを起こした。

足をなるべく接地したくないので、つま先で歩いていた。
サイくん(双子の兄)は、現在もこのスタイルだ。

そして、なるべく無駄なく移動したいので、カンガルーのように飛ぶ。

とにかく身体のどこでも、ベタッとつきたくない。

よくツイートしているが、洋服のタグは取る。
穴が開いてもいいので、縫い目から取る。

椅子に座るときでも、下に足を下ろさない。

こんな感じかな。




ランキング参加中です。

押してくださると、僕こっそり喜びます!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ