発達障害なう

ツイッターで、投稿したものをコピーしてあります。

家族

【ご注意】このブログ(ツイッター含む)の文章の内容は、僕が障害を乗り越える過程です。現在進行形ではありますので、人によっては不快に思ったり、障害当事者の方は、フラッシュバックを起こす危険性もあります。文章で生々しく当時のことを再現しておりますので、閲覧される場合はじゅうぶんご配慮の上、自己責任でお読みください。また、自傷などは、一切僕はしておりません。
また、このブログに書いてあることは、あくまで、一障害者の発言であり、専門家の意見ではありません。僕の発言だけを鵜呑みにすれば、危険をともなうことになりかねません。そして、僕の文章は、全てを網羅するものでもなんでもありません。そして、発言内容を他者に押し付けるつもりもございません。その点、ご留意の上、お読みくださると幸いです。
【自己紹介】ADHD アスペルガー症候群 強迫性障害 反社会性人格障害 10才で診断。双極性障害は19才で診断。 小1からの出来事をツイートしています。発達障害関連無言フォローします。愛の手帳4(療育手帳B2)障害者手帳1級取得。精神年齢14才。亡母がアスペルガー・ADHD、現在21才。フリープログラマー♂ 2015年6月9日スタート

味噌汁

ツイッターでは、うまく言えませんでしたが
僕は、母を失った直後から、なんとかしっかりしなくては、と超踏ん張っていました。

母に先々のことを任されていたわけではありませんが、
今までの母から受けた愛情を今度は家族に返そうと思っていました。
それで、最近は、家事に専念しているというわけです。


ランキング参加中です。

両方押してくださると、僕こっそり喜びます!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ



それに、僕は案外おせっかいなのです。
世話焼きであり、人にあれこれしてあげることが、どうやら好きなようです。
自分では、そんな一面があるだなんて、気が付いていませんでしたが
身近な人に、僕の行動を見て
「マメねぇ。」
とか
「世話好きねぇ。」
と、言われたことで自覚してきました。

要は、僕は家族へ何かしてあげることは、好きでやっている、ということなのです。
そして、なんとか家族を喜ばせるためなら、苦労はいとわないのです。

温かい料理を手作りすることも、レシピを見たり、youtubeを見たりして習ったり、
小さいころから、大好きな「3分クッキング」を見て、手順を丸暗記していましたから
始めて見ると、なんとか食べれるくらいの食事は出せるようになりました。

しかし、その料理も家事も、自分でやるようになるまで、葛藤や反発はありました。
僕はまだ心のバランスがとれていなかったのです。

まず、温かいものに拒否感がありました。
満腹になるということに、おかしな気持ちもありました。

それが、喪失感だったのかなと思います。
僕は、母が居なくなったこと、亡くなったことでの、生活の不便さに
頭に来ていました。
置き去りにされてしまったような、無いものねだりをするような
求めても仕方のないことに、気が付くまでは
グダグダと、やさぐれていたような感じです。

しかし、目の前には、サイくんといいう、双子の兄がおり
そんな僕の心など関係ないように、容赦なく要求を繰り返してきました。
兄は、不服なことがあると、人の気持ちや感情など無視して、
そのままストレートに文句を言ってきます。
それが、彼の重い障害のせいであるとは、わかっていても
僕は何度も頭に来ました。
しかし、ぐっと堪えて過ごしてきました。

兄にとって、僕は「母の代わりに面倒をみてくれる人。」
であり、また
「唯一、信頼出来る人。」
であったので、むしろ僕にしか言えなかったのでしょう。

そんな兄になんとか美味しい温かな味噌汁を飲ませてやりたくて
僕は、ようやく重い腰を上げて、キッチンに立つことにしたのです。

自分のことよりも、人のために。
僕は、そう思えるように、また行動できるように
いつの間にか母から、学んでいたのだと思います。

数日間かけて
食材の調達も、買い物も上手に出来るように工夫をし、
先端恐怖症と戦って、野菜を切ったり、
味噌汁の味見を何度もして、亡き母が作ってくれた味噌汁に近づけようと
思考錯誤をしました。

そして、ようやく出来上がった味噌汁を兄に
「さあ、召し上がれ。」
と、出したとき
兄の目はぱっと輝いたのです。

S__17842217



僕はその目をみて、本当に良かったと嬉しくなりました。
「うまいうまい。」
と何度もおかわりする兄もきっと、温かさに飢えていたのだなと思いました。

それまでは、母と言う持ち主が不在となって冷え切っていたキッチンの鍋やフライパンも
食器棚におさめられたお椀やお皿も、今度は僕が温かさで満たしていきたいと思います。

僕は知ったのです。
自分のために何かを得るよりも
人のために苦労し行動し何かを得たほうが
自分のためにもなるということ
そしてそれが幸せなのだということをです。

これからも、温かさを料理と言うカタチで僕は幸せを提供していけたら
自分も幸せになれると確信しています。

そして、自分が、僕が辛いときも、この味噌汁は僕を温めてくれるでしょう。
もっと様々な料理が作れるようになりたいなと、思います。
すべては、誰かの笑顔が見たいから。
そして、それは自分に返ってくる。

それだけで、僕は生きていけるような気がしているのです。
毎日飲める味噌汁は、母の味がしていますから。



ランキング参加中です。

両方押してくださると、僕こっそり喜びます!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

心が荒んでくる

朝 いつもの朝は
お腹が空いたら
スクランブルエッグを
当たり前に食べていた
今は卵も無いし料理もしていない
食べたいなと口に出しても
朝の音楽は流れて来ない

キッチンが冷たく見える
冷蔵庫は空っぽ
猫の餌が転がるだけ
主人が居なくなるとモノや空間は
死んでしまうんだね
大きな鍋も大きなフライパンも
まるでガラクタみたい

母が居ないことに違和感を感じながら、キッチンが嫌で仕方がなかったころです。
料理しようという気力もわかずに、ただ日々仕事と家事に追われていました。
そして、そろそろいっぱいいっぱいになっているんだろうな、と
感じ始めていました。
なんとか調整し、家の中を立て直さなくてはいけないとフル回転でした。


ランキング参加中です。

両方押してくださると、僕こっそり喜びます!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ



僕たちはそれなりにスタートしはじめた。
Amazonでお米や生活消耗品を注文して、毎日のおかずはコンビニで調達する。
スーパーに行くのは難しいから、ネットで即席品を買い漁る。
料理は忙しくて何も出来ない。
ダイニングテーブルにおかずの入った袋を置いておくとサイくんは勝手に食べてくれる。

洗濯掃除は、週3回人の手を借りているが、サイくんがまだ慣れないようでイライラしている。
お皿やコップを洗ってもらっても気に入らず、ブツブツ文句を言ってしまう。
洗剤が残っているような気がするのか、鼻をくっつけてクンクンしている。
僕の分は洗わないでと無理を言っている。

ちゃんと洗えてないんだよと、僕にキーキー言うが、とりあえず無視している。
少しはサイくんにも我慢してもらわなければ。
これから、彼の強いこだわりとどうやって付き合っていくか頭が痛い。
食事は、即席品やコンビニ産なら文句を言わないので助かる。
ただ、味噌汁飲みたいと言われて困ってしまった。

お湯を注げば完成する味噌汁じゃ嫌だと言うし。
鍋に入ったヤツがいいと駄々をこねる。
今は無理なので、諦めてもらうしかない。
冷蔵庫には、何も無いから音ばかりうるさい。
冷凍食品も増やしたいなと思うがネットスーパーでまだ買えてない。
やることがたくさんだがノートに書いてひとつずつやっている。

今、再度、フォロワーさんからのお悔やみのお言葉を読み返しました。
ほんとうにありがとうございます。
亡き母もたくさんの方に慕われて喜んでいると思います。
僕は大丈夫です。
障害があるから出来ないこともあるけれど、この先は可能にしていきたいと思っています。
また母語録思い出したら書きたいな。

最近は、自分が空腹なのか、満腹なのかよくわからなくて、食事をしそびれたり、食事をしすぎてダウンしたりを繰り返しています。
以前は、母が食事を作ってくれていたので、時間も空腹感も管理されていたということなのかもしれません。
自宅には猫に餌をやるためと寝るためにしか帰りません。

自宅のキッチンには相変わらず猫の餌しか転がっておらず、誰も作りません。
もう作る人が居ないので、フライパンや鍋も捨ててしまえばいいかなと思っています。
様々な支援の手は入りますが、まだ自宅の中に来てもらうほど僕達は心が許せないようです。
僕よりもサイくんの方が難しいかもしれない。

昨日は、いつもコンビニのレトルトや冷凍食品や弁当ばかりだから、
少しでも手作りのものをと、勇気を出してスーパーに行ってみました。
おかずを電子レンジでチンするだけなら出来るので、お惣菜コーナーに行きました。
そこには、たくさんの種類のお惣菜が並んでいました。
コロッケや唐揚げ、サラダ。

唐揚げを見て手に取りますが、どうしても母の作ってくれた唐揚げと比べてしまい、
買うことをやめてしまいます。
見た目は似ているのですが、少しだけ色が違うと感じます。
こんな時に、もしかしたら失った悲しみが来るのだろうとふと思いました。
僕には、不都合だなとか、違和感を感じます。

お惣菜コーナーを一通りみても、どこにも母が作った料理に似ているものがありませんでした。
買えないのは残念です。
どこかで見つけられるかもしれないので、たびたびお惣菜コーナーには行ってみようと思います。
母を亡くして以来サイくんとは、仲良くやっています。
彼は変わらず半袖半ズボンですが。

時間は、何か変化があったとしても、流れていくし、
僕もその流れには乗っているんだから、当たり前だけど、
仕事はどんどん山積みになっています。
僕がお腹が空いたのか、空いていないのか、栄養はどうなっているのか自覚出来ずに、
何を食べていいのかわからなくなりました。
食欲が無いのだと思います。

僕は、母を失うということについて、上手に悲しむことが出来ませんから、
そのために心が違和感や変化を吐ききれずに、慢性的な詰まりを起こしているのだと思います。
人は泣いたり、涙を流したり、誰かと一緒に悲しむことで、心を修正していくのかな、と思いました。
だから感情があるんだなって。

サイくんも、僕とは違うところで、違和感を感じているようです。
冬が来ることや、外の温度が変わってきていることも認めようとしないし、
雨が降っているのに、窓を全開にして風を感じてみたりしています。
夏じゃないのに、水を浴びたりしています。
身体は震えているのに、寒くないと言うのだから。

彼の笑顔は、苦しそうです。
笑顔なのかな?笑顔もよくはわかっていないようです。
ただ、僕の顔をじっと見て、歪んだように震えながら笑っています。
僕は仕事が忙しいので、彼とはあまり顔を合わせませんが、
合わせるときには、お互い握手やハグで
生きている確認のように、ポンポンと叩き合います。

僕は、これからどうやって、この環境の変化に対する違和感を解消していくのか、
考えなくてはなりません。
今は、仕事に没頭していますが、それでも生活も大切なんだと思います。
食欲が上手にコントロール出来ないので、吐き気が多くて気分が悪く困ってしまいます。
何をするにも身体が資本なのだからね。

僕は自分を楽しみたいのに、今はなんだか変な感じ、で困ってしまいます。
時間が経てば、違和感も解消されていくのかな。
エネルギーが足りていないから、もっとエネルギーが欲しいな。
それが食べ物では、埋まらないような変な感じです。
不足しているものを補えるように、なりたいなと思っています。

人間って面白いというか、身体と心がうまく調和して両方安定しないと、力が出ないんですね。
バランスはとても大切です。
そうじゃないと健康とは言えないし、幸せを感じられないような気がします。
パワーも出てこなくて歪んでしまうような。
そうなるとまっすぐ前も向けなくなってしまう。

僕の現在は、頭の中も整理できなくて、こだわりも酷くなってしまうし、
おかしなことばかりしてみたり、多動も衝動性も酷くなってしまっているし。
誰でもすぐにわかるような違いにだって気が付かないほど、
目も脳にちゃんと情報を伝えられていないような気がします。
自分でも驚きました。

次に向かうために、今まで教わったことを基に、心身の調子を整えたい。
何かに頼るんじゃなくって、自分で抜け出したいと思っています。
さっき、ゴミを袋に突っ込んで、ゴミ出しをしてきました。
今までは誰かがやってくれたことも、自分でやりながら、労働で生きていることを感じたいです。




ランキング参加中です。

両方押してくださると、僕こっそり喜びます!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

サイくんの面倒を開始する

母を亡くし、僕は双子の兄のサイくんの面倒をみるようになりました。
サイくんは、外に出ることが出来ずに、部屋にひきこもっています。
障害が重く、いつも不安定なのです。

しかし、まるっきり外に出れないわけではなく、20分以内くらいなら、
外出も可能です。
しかし、付きっ切りでいてやらねばなりません。
また、日常の世話もしてやらないと、一人では出来ません。
人への不信感が強いので、家族以外の人とは、会おうとしません。


ランキング参加中です。

両方押してくださると、僕こっそり喜びます!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ


もう11月も中盤。
長野はものすごく寒い。
朝方には、6度なんてときもある。
もちろん、僕はそれに気が付いて、現在は長袖であるが、
困ったことに双子のサイくんは、まだ気温の変化を認めようとはしない。
安定の半袖半ズボンだ。
いくら家から出ないとはいえ寒そうだ。
風邪をひかれたら困る。

サイくんは、大の病院嫌いだし、もし熱を出したとしても、
医者には診せないだろう。
それどころか、受診拒否するから厄介だ。
僕としては、早めに冬を迎えるべく(とっくに冬な気がするが)暖かい恰好をしてほしい。
しかし、何度言ってもサイくんは、
「まだ冬なんかじゃない。」
と認めてくれない。

それはそうだ、冬じゃないかもしれない。
秋かもしれない。
それでも、寒いんだから、気温次第で衣服をプラスすることが必要だと言っても理解してはくれない。
サイくんは「変化」が嫌なんだろう。
そして、もうひとつ譲れないのが、パソコンだ。
パソコンにとって暑さは天敵だから寒くて良いと思っている。

「お前はパソコンじゃないんだから。
生身の身体なんだぞ。冷やすと良くはないんだ。」
そうサイくんに言うと、へえ、と言ったまま
「寒くない。」
と言う。
しかし、それは嘘だ。
サイくんが話しているとき、寒くて口が回っていないんだから。
「お前、寒いんだろう、な?」
と言うと
「あれ。」
と考えている。

お、これはいよいよ、寒さを認める気になったか、と期待したが、
結局いまだに、サイくんは常夏仕様の恰好である。
半袖だっていうだけじゃない。
Tシャツ1枚。
そういう僕も寒さに気が付くのが遅くて、周囲の人に
「そろそろ長袖ですよ。」
と指摘されている。
どうやら身体が気が付きにくいようだ。

身体が冷えていることも、お腹が空いていることも、
疲れていることも、眠いことも、気が付きにくい。
そんなんだから、僕とサイくんはお互いに、お腹の空き具合を確認しあう良いバロメーターになっている。
時間はよくわからないので、何となく空いているかもしれない時間に声を掛け合うようにするのだ。

「おい。」「なんだ?」「なんか食べるか?」「
なんで?」「お腹が空いているのではないか?違うか?」「そうかな?どうかな?お前は?」
と、こんな具合に、ある意味腹の探り合いしているようだ。
本当に腹が減ったのかはわからないが、とりあえず何か食っておく。
そんな食事になっている。

食事は決まった時間に取らないし、そもそも時間も量も覚えていない。
これが睡眠も同じだ。
時間どおりに動くことも出来ないし合わせることも出来ない。
何故かって目の前でやっていることが最優先になってしまって夢中だからだ。
機械のようにメーターが身体にあればいいのに。
ギリギリまで動いていたい。

人間の身体はそういうところ不便だなあ、なんてサイくんと話す。
寝ないで40時間超えてしまうことは、やっぱり身体にはよくないはずだ。
なんとか上手に時間を見ながら動けるようにしていくのが健康には良いのだろう。
わかっているけれども、二人ともコントロール出来ない。
今後の課題である。 





ランキング参加中です。

両方押してくださると、僕こっそり喜びます!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

家族ってナニモノなんだ

家族っていったいナニモノ、ナニサマなんだ。
こっちがせっかく譲歩しているっていうのにあちらの態度が悪い。
僕にたいしてプンプンしたり、おかしな顔したって、僕は怒りを出さないよ。
その手には乗るものか。
我慢するんだ。
家族には我慢せよ。
わがままの代表の家族には僕は素顔は絶対に見せないぞ。


ランキング参加中です。

両方押してくださると、僕こっそり喜びます!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ



息を止めているときみたいに
詰まった喉胸は押しつぶされた
歪んだ心が
前からも後ろからも押されている
呼吸は静かに眼だけは開いて
闇ばかり見ている
これでいいんだ
僕はこうやって
悶えながら生きていくんだろう

障害なんてまるで無かったことのように
生きようとしても
僕の知らないうちに結局出てきてしまう
抑えようとしても溢れ出してきてしまう
ダムを造っても
いつか決壊してしまうし
そのまま流しても急流になってしまうし
枯渇させるしか方法が無いんだよ
誰か溢れない薬をください

興奮のスイッチを押さないで
僕は一気に急上昇しちゃうから
血が沸騰しちゃうから見境ないんだから
自分が崩壊しようとも
立場が悪くなろうとも
相手に嫌われたとしても
一瞬だけを求めてしまうから
スイッチは押さないで
剥き出しにさせないで

あなたといるとつい
障害があるって忘れちゃう
それにもしかしたら
変わったのかな治ったのかなって思っちゃうのよ
でもあなたには・・・
何度言われたかわからないその言葉を
僕は冷たい目のままやり過ごすしかない
ふり絞っても無いものを
偽りで出すわけにはいかないんだから

向かってくる人の顔が
クローズアップされて
ずんずん迫ってくる
あっちもこっちも迫ってきて
どんな表情も歪んで見える
嘲笑っているのか怒っているのか
見分けがつかない
僕はガラガラとシャッターを閉めて
自分だけに閉じこもりたい
奥の奥の奥の方に埋もれて過ごしたい
籠城したいんだよ

仕事しなきゃ食っていけない
飯食わなきゃやせ細る
水を飲まなきゃ喉が渇く
風呂に入らなければ発狂する
睡眠を取らなければ気絶する
ああ僕はネトゲの中に住みたいくらいだ
アバターになれば何もかもうまく行くのに
生身の身体はうざすぎる

感動する言葉を読んだり励まされたり
あなたは必要だと何千回言われても
心はまた反発して栄養にならない
人を信じるなんて博打のようなものだ
僕は裏切られるくらいなら
裏切ったほうがいい


ランキング参加中です。

両方押してくださると、僕こっそり喜びます!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

兄vs僕

【兄vs僕】

ああ、厄介だ。
自分の障害でも面倒くさいのに、双子の兄のサイは日々僕を悩ませる。
サイは僕のことなんてお構いなしにあれこれ要求してくる。
僕を試してくる。
サイがアスペルガーだから、サイコパスだから。そんなことはどうでもいいだろう。
僕は、僕に与えられた課題だと思っている。



ランキング参加中です。

両方押してくださると、僕こっそり喜びます!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ



兄に手がかかる時間。
それは正直頭に来ることばかりだ。
なんて自分勝手でどうしようもない思考回路なのか呆れる。
しかし、それには原因がある。
サイは嫌がらせをしているわけでもなんでもない。
僕はそれがわかるから困る。
僕だって同じことをするからだ。
そういう脳なんだから、しょうがない。

僕も今のサイのように、酷い有様だった。
そういう時期もあった。
あの頃は僕はどうにかしていたわけでもない。
自分にとっては、いたってまともなのだが、社会に受け入れられなかったり、集団の中で過ごせなかっただけだ。僕はあれからずいぶん勉強をしてきた。
人のこと、親のこと家族のこと。

サイは、勉強してこなかったわけでもない。
今は兄弟で社会に対しての免疫が違ってきてしまったが、ただ発達が遅くてゆっくりで、自分の扉が重くて、もしかしたらその扉が頑丈過ぎて、もうどうにも自分では開けられないだけなんだから。
兄を見ていると僕を見ているようだ。
しかし決定的な違いがある。

僕は底抜けに明るい。
お調子者だろう。
いわゆる陽なのだ。
なにしろおしゃべりだし、興味の範囲も広い。
心がざわざわしていても、外に出すタイプだ。
だからぎゃあぎゃあ煩い。
僕にはADHDという特性があるからかもしれない。
しかし、サイは違う。
まるで逆だ。
陰だ。
心を内に秘めてしまう。

僕らは、陰陽で考えるととてもわかりやすい。
同じ障害を持っていても特性なんて出方は人ぞれぞれだ。
僕はサイがあれこれ僕を困らせても、憎いとも思わない。
むしろ、兄のそのこだわりの強さに驚くばかりだ。
僕ならすぐに飽きてしまうようなことも、兄はしつこく自力でやり遂げるのだから。

僕は、サイに何が出来るのだろう。社会から遠く遠く、離れてしまっている兄に僕は何が出来るのだろう。
手を引っ張って世界に出しても、兄はおかしくなってしまうだろう。
そんなことをしても何も良くはない。
兄には兄なりの生きる場所があるのだから、強制しても仕方がない。
可哀想でも無い。

でも、ひとつだけ、僕と違うことをサイは言った。
まるで、何も感じない顔でサイは言った。
「もし、次に生まれ変わったら、僕は障害無く生まれてみたい。結婚をして、子供を持ってみたい。社会に出て仕事をして給料をもらってみたい。今はそれが出来ないが、だからといってこれも悪くない。」

兄だって、どこかでしっかりわかっているのだと思った。
まるで、人間が順番で役目を果たしているみたいに言った。
悲しい気持ちなんて僕たちにはわからない。
だからこそ、しれっと言える。
僕は、そういう兄に
「ああ、そうだな。でも、僕は次を考えられない。さすがサイだな。」
と素直に褒めた。

そうすると、サイは、ニヤリと笑って嬉しそうにした。
まるで次のことを思いついたことがとってもあたたかくてわくわくするような顔だった。
僕はこの時に思った。
兄は、兄の時間は僕よりもゆっくりだ。
次も含めて、自分を生きている。
僕は今を生きている。
そうしてサイは僕にたくさん言葉をくれる。

時間が時間の経ち方が違う。
羨ましいなとも思った。
僕もサイ、兄のように、自分の時間を生きて見直さなくてはいけないと思った。
「なあ、お前。先のことなんてどうでもいい。結果を見てばかりでは、今をやれなくなる。そういうことばかりだ。生きることはめんどくせえ。めんどくせえから生きるんだ。」

兄の言葉に二人で大笑いした。
僕は
「ああ、そうだ、めんどくせえ。めんどくせえことばっかでうっとうしいな。馬鹿馬鹿しいことが多い。」
兄はフムフム頷いて、
「ああ、そうだ、馬鹿だろう。
人間は馬鹿だからな。だから生きているんだ。
馬鹿でいいってことさ。
生きるってものは馬鹿だから生きるんだ。」

二人は双子だからか、こうやってよくクスクス笑う。
まるで二人だけがわかっているように。
兄は社会ではまるで生きて行けないが、いやそうじゃないかもしれない。
それだけをそこだけを見ていれば、生きて行けないのかもしれないが、何も人間は生活力だけで判断することはないと思った。

兄は僕に力をくれる。
兄が生活が成り立たないのであれば、僕が成り立たせればいい。
僕は人一倍仕事して、兄を生かせばいい。
何故なら、兄は僕にとってなにかと意味のある課題を出してくれるからだ。
原動力だ。
僕にとって兄は必要なのだと、同居するようになってはっきりわかるようになった。

食べ物を散らかし放題の兄。
やりっぱなしの出しっぱなしの兄。
神経質でうるさい兄。
しつこくてこだわりが酷い兄。
生活する上でのことが自力で何にも出来ない兄。
いちいち手間がかかる兄だが、悪いところなんじゃない。
僕にはそれでちょうど良いのだろう。
抵抗せずに僕は兄を受け入れようと思った。

受け入れれば、きっと何かが僕に見えてくるはずだ。
猫はすぐに兄を受け入れて懐いた。
猫を抱く兄の顔はとても優しくとても素直である。
僕が兄のそのままの姿をそのまま受け入れなければ、僕は余計なことで苦しむのだろう。
僕もそのままの自分を受け入れたのだから兄に対してもそうだ。
そうしよう。

兄は相変わらず僕に対してわがまま放題だ。
しかし、引っ越しをしてきた当初よりも影響されなくなってきた。
もちろん兄もそうだろう。
昨日兄は僕に
「フン、飯を食って寝る、それ以外実に暇で仕方がない。
何かをしたいと思うが何がいいかただいま思考中だ。」

そりゃあいいと僕は笑った。
二人で笑った。




ランキング参加中です。

両方押してくださると、僕こっそり喜びます!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
ランキング参加中


両方押していただけると順位が上がって歓喜します!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村